ただならぬこだわり

異物

にゃんこ, · カテゴリー: 未分類

ハーバード医科大学(HMS)の研究によると、一般的なコーヒーと比較して毎日2〜3杯のノンカフェインのコーヒーに変えることで、なんと直腸癌の罹患率を約半分も減少させることができたとのことだ。
ものを食べるという行為は、食べる物を気軽に口へ運んで幾度か咀嚼して飲み下すだけに思われがちだが、その後も体はまことに律儀に働き続けて異物を身体に取り入れるように励んでいるのだ。
過飲過食、体重過量、喫煙、消費カロリーの低下、心身両面のストレス、老化というような様々な原因が絡むと、インスリン分泌が鈍化したり、働きが悪くなったりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病に罹患するのです。
現在、若い世代で結核(けっかく)に対抗するだけの力を保持していない人々が増えたことや、受診の遅れが誘因のアウトブレイクや院内感染が増えていると言われています。
子供の耳管の構造は、大人のそれに比べて太目で短い形状で、且つ水平に近いため、細菌が侵入しやすくなっています。大人より子供の方が急性中耳炎に罹患しやすいのは、これが関わっています。
汗疱(かんぽう)とは手のひらや足裏、指と指の間などにプツプツとした水疱が出る症状で、広くはあせもと呼ばれており、足裏にできると水虫と間違われるケースもままあります。
お年寄りや持病をお持ちの方などは、ことさら肺炎になりやすく治りにくいという特徴があるので、事前に予防する意識や迅速な手当が重要だといえます。
耳鳴りは分類することができて、当事者しか聞こえないと言われている「自覚的耳鳴り」と、血液の流れなどのように本人に加えて他の人にも高品質なマイクロホンなどを使用してみると感じることのできるという「他覚的耳鳴り」とがあり、治療の方法が変わります。
「体脂肪率(percent of body fat )」というのは、身体のなかの脂肪の溜まっている割合で、「体脂肪率=体脂肪の量(キロ)÷体重(weight、kg )×100」というシンプルな数式で分かります。
虚血性心疾患の心筋梗塞というものは心臓の周りを走る冠動脈の動脈硬化によって血管内が狭まり、血液の流れが途切れ、大事な酸素や栄養を心筋に届けられず、筋肉細胞自体が機能しなくなるという大変危険な病気です。
体脂肪の量(somatic fat volume)に変化が見られないのに、体重が食物摂取や排尿等で一時的に増減するようなケースでは、体重が増加した方は体脂肪率(body fat percentage)は低下し、体重が減少した方は体脂肪率が上昇するのです。
痩せたいために1日の総カロリーを抑制する、食べる量が少ない、というような食生活を続けるとひいては栄養をも不足させ、四肢の冷えを齎していることは、しょっちゅう危惧されているのです。
今時の手術室には、手洗い場や器械室、準備室(preparation room)を備え、手術中にレントゲン撮影できるX線装置を用意するか、側にX線用の専門室を準備するのが常識だ。
チェルノブイリ原子力発電所の事故のその後の追跡調査の結果では、大人と比較して体の小さな子どものほうが放出された放射能の深刻な影響をより受容しやすくなっていることが読み取れます。
加齢に伴う耳の聞こえ辛さにおいてはなだらかに聴力が低くなるものの、通常還暦過ぎくらいまでは耳の衰えをはっきりと自認できないのです。