ただならぬこだわり

発赤

にゃんこ, · カテゴリー: 未分類

ハーバード医科大学の調査によれば、1日あたり2〜3杯のデカフェのコーヒーで代用すると、直腸癌の発症率を半分以上減少させることができたらしい。
グラスファイバー製のギプスは、大変丈夫で重くなくて長く使うことができ、濡れてしまってもふやけずに使用できるというメリットがあるため、現代のギプスの中でも王道です。
胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、3〜4日くらいきちんと服薬すれば、全般的に90%近くの人の自覚症状は去りますが、かといって食道の粘膜の腫れや発赤などの炎症が完全に治ったわけではないようです。
季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、膨大な研究の成果から、予防の効用を見込めるのは、ワクチンを注射したおよそ2週間後からおよそ5カ月程度だろうということが判明しています。
3つのアミノ酸から成るグルタチオン(GSH)は、細胞の機能を落としたり変異を誘引する人体に有害な物質を身体の内部で解毒し、肝臓の性能を促すような能力が判明しているのです。
UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いという性質があり、大気中に存在するオゾン層を通過する際に一部が吸収されるのですが、地表に達したUV-Bは肌の表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid)を破壊するなど、皮ふに悪い影響をもたらすと言われています。
うつ病というのは脳内で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが不足し、不眠、憂うつ感、著しい倦怠感、食欲の低下、強い焦燥感、顕著な意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、そして重症になると自殺企図などの深刻な症状が見られるのです。
体を動かすのに必要なエネルギーの源としてすぐに機能する糖分、細胞の生まれ変わりに必要な蛋白質など、過度の痩身ではこうした体調を整えるために欠かすことのできない成分までも乏しい状態にしている。
「ストレス」というものは、「溜めないようにすべき」「排除しなければいけない」と敬遠しがちですが、本当のところは、私たち人間は大なり小なりのストレスを受けるからこそ、活動することに耐えられるようになっています。
常在細菌のブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」という意味)は紫に染色されるグラム陽性球菌であり、毒素の極めて強烈な黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん、staphylococcus aureus)と一方は毒が軽微なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)になります。
30〜39才の間に更年期になるとしたら、医学的な言葉で表現するとPOFという病気にあてはまります(この国においては40才未満の女の人が閉経するケースを「早期閉経」と呼ぶのです)。
様々な花粉症の症状(水っ洟、鼻詰まり、クシャミ等)のために夜しっかり眠れないと、それが誘因で睡眠不足に陥り、次の日目覚めてからのすべての活動に芳しくない影響を及ぼすことも考えられます。
基礎代謝(BM)とは人間が何もせずにじっとしていても燃焼するエネルギーのことで、その半分以上を様々な骨格筋・最も大きな内臓である肝臓・大量の糖質を必要とする脳で占めるとのことです。
天然の化学物質、フィトケミカル(phytochemical)の一種のスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている化学物質が、肝臓から分泌されている解毒酵素の順調な製造を促進しているかもしれないという可能性がわかってきたのです。
ポリフェノール最大の作用は水溶性のビタミンCや脂溶性のV.E.などとは性質が違い、細胞の間の水溶性部分に脂溶性の部分、更に細胞膜でも酸化を防ぐ効果があるそうです。