ただならぬこだわり

誰か

にゃんこ, · カテゴリー: 未分類

既に永久歯の表面を保護している骨を脆くさせるほど深刻になってしまった歯周病は、たとえ病状が和らぐことはあっても、失ったエナメル質が元通りに構築されることはまずないでしょう。
好気性桿菌のひとつである結核菌は、菌を持っている人が「咳」をすることによって室内や外気に投げ出され、空気中でふわふわと移動しているのを別の誰かが空気と一緒に吸い込むことによって拡がります。
季節性インフルエンザのワクチンでは、数多くの研究によって、予防の効用が見込まれるのは、注射したおよそ2週間後からおよそ150日位だろうということが判明しました。
UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短いので大気中にあるオゾン層で一部が吸収されるものの、地表に達したUV-Bは皮膚の表皮の中で細胞のDNA(遺伝情報)を壊したりして、皮膚に良くない影響を与えます。
患者数が増加しているうつ病では脳の中で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が不足した結果、強い憂うつ感、不眠なかなか抜けない倦怠感、食欲不振、体重減少、焦燥感、極端な意欲の低下、そして重症化すると自殺企図などの危険な症状が2週間以上続くのです。
日光に当たると生成されるV.D.は、カルシウムが吸収される行程を支える機能が有名であり、血液中のカルシウム濃度を操って、筋肉の働きを調整したり、骨を生成します。
肝臓をいつまでもきれいにキープするには、肝臓の有害物質を分解する作用が落ちないようにすること、要するに肝臓の老化を食い止める対策を迅速に開始することが有効です。
悪性腫瘍である卵巣ガンは、通常なら人間の身体をがんから護る役目を担う物質を生産するための鋳型みたいな遺伝子の不具合によって発病してしまうとのことです
なんとなく「ストレス」というのは、「溜めてはいけないもの」「排除すべきもの」ものとされていますが、実を言うと、ヒトは大なり小なりのストレスを感知しているからこそ、生き延びていくことができているのです。
ハーバード大学医学校の調べによれば、一般的なコーヒーと比較して1日2〜3カップのカフェインが90%以上除去されたコーヒーで代用すると、直腸ガン罹患リスクを約52%減らせたらしい。
収縮期血圧140以上の高血圧になってしまうと、体中の血管に強い負担がのしかかり、頭頂からつま先まであちらこちらの血管にトラブルがもたらされて、合併症を併発する率が高まります。
亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA)やタンパク質を合成させるために働く特別な酵素や、細胞や組織などの代謝に深く関わっている酵素など、200種類以上存在する酵素を構築する要素としてなくてはならないミネラルだといわれています。
脚気(beriberi)の症状は、両手両足がしびれたり下肢の著しい浮腫みなどが標準で、病状が進行してしまうと、最悪の事態では心不全ももたらすことがあるのです。
結核への対策は、1951年に施行された「結核予防法」にならう形で推進されてきましたが、56年後の2007年からは数多くある他の感染症とまとめて「感染症新法」に沿って行われることに決定したのです。
吐血と喀血はいずれも口腔からの出血に変わりはありませんが、喀血は喉から肺をつなぐ気道(呼吸器の一種)から血が出ることであり、吐血というのは無腸間膜小腸よりも上にある食道などの消化管から出血する状態を指しているのです。